So-net無料ブログ作成

三学戒 [シニアの学び]

今日は、幕末の時代に活躍した儒学者、佐藤一斉の言葉を紹介します。

佐藤いっさい碑文-.png


少くして学べば、即ち壮にして為すことあり。

壮にして学べば、即ち老いて衰えず。

老いて学べば、即ち死して朽ちず。


いわゆる「三学戒」と呼ばれる戒めです。

人は幼少の頃に学ぶ楽しさが身につけば、大人になった時、社会の役に立つ人物となる。

三十歳を過ぎて学ぶ意欲が心の底から湧き出せば、中高年と言われる年代こそ日々の人生が充実し、周囲を明るくするものだ。

七十代、八十代で学ぶ人は、今までの人生経験に輝きが増し、後生の人々に大きな目標・理想の炎を燃やし続けさせる人物となる。

という生涯学習の重要性を説いたことばです。


いくつになっても学ぶことの大切さや喜びを胸に、仲間とともに楽しい日々を過ごしていきたいものです。






生涯学習 ブログランキングへ

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。