So-net無料ブログ作成

人生の締めくくり方の学び・その5 エンディングノート [シニアの学び]

 
生涯学習 ブログランキング
 

10年以上前の話です。

亡くなる2年位前に、私の父親が私に一冊の大学ノートをくれました。

父は、その頃から体調を崩して、入退院を繰り返していました。

そのノートには、

親戚のこと、保険のこと、土地の境界線のこと、

父が亡くなったときに連絡をする人たちの名前、お墓のこと、

などなどが細かく書かれていました。


これは、今、流行のエンディングノートだったのです。



父の場合、「備忘録」というタイトルでしたが・・・。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

エンディングノートの目次や構成を読んだだけで、今までの自分の人生の未熟さが浮かび上がってきます。

同時に、まだ、死ねないなあ、という新たな気持ちも出てきます。


エンディングノートは、その人の過去、現在、そして、残された未来を考えるための

ずいぶん上等な方法だと思います。


ですから、死に至る準備としてのエンディングノートは、

「人生の締めくくり方の学び」の中の一コマに、
積極的に取り入れるべき内容だと思います。

ただ、どう活用すればよいのかを考えると、難かしくて思わず考え込んでしまいます。


エンディングノートを知るために、次のところでひな形を無料でダウンロードしました。

このエンディングノートの最初には、次のように書かれています。


思いやりを「カタチ」にするエンディングノート。

残された人たちが困らないように、「あなたの言葉」で「あなたの思い」を伝えましょう。


目次や構成は、次ぎのようになっています。

[新月]私のこと

[新月]自分史 

[新月]親戚・友人 ・知人リスト

[新月]ペットについて

[新月]私の財産について

[新月]保険 ・私的年金

[新月]介護 ・告知や延命治療 ・献体など

[新月]葬儀のこと

[新月]お墓のこと

[新月]携帯電話、会員サービスなど(解約をお願いしたいもの)

[新月]形見分け 遺品の整理(処分品リスト)

[新月]遺言書や依頼 相談先リスト

[新月]大切な人へのメッセージ

なるほどなあ、と思うポイントがほどんど入っています。


これを、自分で納得いくように考えながら書き込んでいくのは、結構なエネルギーと時間が必要です。

しかし、書き終えた時には、ある種の感動が待っているかも知れません。

このポイント(項目)を誠実に埋めていくだけで、全体として

『残された人たちが困らないようなノート』になっていると思います。

素晴らしいと思います。


しかし、これだけでは、何か足りないような気がしてしょうがありません。

多分、このエンディングノートだけでは、

自分が何を目指して、どう生き、何を考え、

今、死に至る段階で、何をどうしようとしているかという

生き様』『ライフワーク』『自己の人生への自己評価』が載っていないからだと思います。


つまり、「人生の締めくくり方の学び」には、

一方に、エンディングノートに代表される重要な連絡という輪、

もう一方に死に至る段階でしか出てこない『人生観』『死生観』の振り返りという輪、

という両輪があって『学び』になるのだと思います。


だから、抽象的な言い方になってしまいますが、

その両輪の誠実な回転をどう促していくかが、

カリキュラムの大きな柱になるのだと思います。


ですから、このブログでの私の使命は、

①「人生の締めくくり方の学び」の具体的なカリキュラムをつくること。

②それを、シニアと一緒に具体的に実践すること。

③プロセスや結果を、まだ見ぬみなさんに具体的に報告すること。


そのようになるのかな、と考えています。


しかし、難かしいですね。







nice!(36)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 36

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。