So-net無料ブログ作成
検索選択

生涯学習成果の活用、促進・・・深い川は、静かに流れる。 [シニアの学び]


生涯学習 ブログランキング
 

年老いて、なお学び続ける人は、立派です。

年老いても、なお志高き人は、尊敬に値します。


しかし、年老いて、なお、

現役時代の自分の役職や肩書きを、生涯学習の場に持ち込む人は、

愚かです。

・・・・・・・・・・ 


「大賢は愚なるがごとし」という言葉があります。

また、「深い川は、静かに流れる」という言葉もあります。

次のような意味です。

前者は、本当に賢い人は、知恵や知識をひけらかさないから、一見したところでは愚かな人に見える。

後者は、分別のある人や思慮深い人は、ゆったりとしていてやたらに騒がない。中身がある人は悠然としているが、出来ていない人ほど騒々しいものだ。

どちらも、言おうとしていることは同じです。



「長寿社会における生涯学習の在り方について」には、次の記述があります。
                  (学習成果の活用としての社会参画の促進)




高齢者が有する豊かな知識・技術、社会的経験などを有効な社会的資源として、

ボランティア活動など地域活動の担い手や

ソーシャルビジネス・コミュニティビジネスのような新しい就労の場での活躍を含め、

地域社会に還元するための環境づくりを進め、

高齢者が生きがいを感じ、自らの社会的存在意義を認識することができる

活力ある社会を形成していくことが重要である。


◆そのためには、

地域社会に入っていく際に、

現役時代の慣習(特に、役職や肩書きによる上下意識)を持ち込むことにより、

トラブルとならないよう、

生涯学習を通じて、

地域での基本的なルールや

地域での円滑なコミュニケーションの方法を学ぶことが必要である。

なぜ、わざわざ、このようなことまで書かなければならないのでしょうか。


それだけ勘違いする人が多いということです。

それだけ上から目線の人が多いということです。

現役時代、いかに仕事ができ、いかに上位の役職についていても、

「現役でない、今」では、社会に通用しないということなのです。

技術を伸ばし、知識を増やすことも大切ですが、

人間性を磨いたり、社会性を培うことも、より重要なのです。


人は、昔の手柄だけでは生きられません。


気持ちを切り替える、考え方を切り替える、これは、とても大変な自己改革です。 


少子高齢化の社会になればなるほど、

シニアの働きの重要度が増してきます。

そして、シニアの生涯学習の必要度も増してきます。


少子高齢化の社会の中で、また、長寿社会の中で、

求められるのは、

「円熟した」「人間社会のルールの分かる」「地域社会のリーダー」なのです。

また、同時に、

それを支えうる生涯学習の充実が求められているのだと思います。


 


生涯学習 ブログランキング
 


nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。