So-net無料ブログ作成
-| 2014年07月 |2014年08月 ブログトップ

シニアとアクティブシニア [新しいシニア]

「シニア」という言葉を辞書でひくと、「年長者、上級生、上級者」と書いてあります。

「シニア層」という言葉を辞書でひくと、「年長者の年代、世代を指す語。特に中高年や還暦以上の高齢者世代を広く指す語」と書いてあります。

しかし、私たちは、そういう規定を別にして、50歳を超えれば、みんなシニアと呼んでいます。

そして、若いシニアを、ヤングシニア、もっと歳をとっているシニアを、オールドシニアと呼んでいます。

(もっともっと歳をとっているシニアは、オールド・オールドシニアです。)


シニアの中には、寝たきりで介護を要するシニアもいます。

反対に、バリバリ元気なシニアもいます。

だから、シニアという言葉は広すぎて、結構あいまいで、正確に特徴を表そうとすると、大変困る言葉です。


シニアのなかでも、介護を要しない元気なシニアを「アクティブシニア」と呼んでいます。

ただ、介護を要しなければ、誰でもアクティブシニアかというと、そうではありません。

アクティブシニアは、次のような特徴を備えている人たちを言います。

○戦後教育を受け、高度成長期を経験している世代。

○ライフスタイルにこだわりを持ち、独自の価値観を持っている。

○生涯現役志向が強く、経験豊富で優れた価値判断力を有する。

○仕事に趣味に意欲的である。

これは、団塊の世代を中心とする人たちで、

「ニューシニア」とも呼ばれ、自分なりの新しい価値観を持つ元気なシニアです。

彼らは、子ども時代に、民主主義や欧米文化の影響を強く受け、封建的な日本から解放された最初の世代だとも言えます。

青年期には、受験競争や学生運動の影響を受け、社会に出てからは、「会社人間・仕事人間」として生きてきました。

また、「ニューファミリー」と言われる家族構成を形成してきました。
(ニューファミリー・・・・ベビーブーム以降に生まれた世代の夫婦がつくる「夫婦と子どもだけで構成する家庭」。マイホーム志向。友だち同士的夫婦。ファッションに敏感。)

そういう彼らが歳をとって、「アクティブシニア」になったのです。

独自性・革新性・多様性を持った彼らは、新しいセカンドライフを展開しています。

今の日本には、

寝たきりで介護を必要としているシニアと、元気バリバリなシニアの両極端に位置する高齢者たちがいます。

この両極端に位置している高齢者の現在や未来を、

誰が、どうつくり上げていけばよいのか、ということが日本人の大課題なのです。



追補) 昨日、厚生労働省は、日本人の平均寿命がまた更新されたことを発表しました。

男性は、80.21歳(初めての80歳超え)、女性は、86.61歳(世界1位)になり、過去最高を更新しました。

これからは、ますます見方・考え方の変更が求められてきます。

自分だけのことを考えていては、幸せになれません。

共に手を携えて、共に幸せをつくり上げていく時代に突入したのです。


平均寿命:人生「100年」の時代 [平均寿命 健康寿命]

あなたは、次の言葉をいくつ説明できますか?

*高齢者
*前期高齢者
*後期高齢者
*平均寿命
*日本人男子の平均寿命
*日本人女子の平均寿命
*江戸時代の平均寿命
*健康寿命
*シニア
*ヤングシニア*オールドシニア
*アクティブシニア
*スマートシニア
*高齢者の居場所
*高齢者の雇用
*高齢者の学び
*高齢者の生きがい

正確に言える人は、結構少ないです。

若い人にとっては、「あまり関係ないな」ってことになるし、歳をとった方でも「知らなくても生きていけるわ」ということになってしまうからでしょうか。

しかし、少し視点をかえて考えてみると、これらの言葉の表す意味は、今の日本人にとっては、無視できない大課題なのです。

世の中にお年寄りが増えるということは、

老若男女を問わず、どのように生き方の変更を迫られるのかということにダイレクトにつながっています。


今日は、平均寿命の話をします。

平均寿命というのは、

生まれたばかりの赤ちゃんが、平均するとあと何年生きられるか、という数値を言います。

その数値が、日本人の場合、

男性が、79.94歳で世界8位、

女性は、86.41歳で世界1位なのです。

およその平均寿命は、男性が80歳、女性が87歳ということになります。

これは、すごい数字です。

男性の80歳は、60歳で定年退職してから、まだ20年もあるのです。

女性は、27年もあるのです。


その長い長い月日を、私たちはどう過ごせばよいのでしょうか?

よく少子高齢化と言いますが、高齢化について考えてみますと、


①現在、日本の人口の25%が65歳以上です。

②それが2020年には29.1%になります。

③2040年には36.1%になって、

④2060年には39.9%にもなるのです。


とにかく、ものすごい現実です。

世の中が変わります。

当然、考え方も変わります。

というより、考え方を変えなければならなくなります。


文部科学省のHPを見ると、

人生80年ではなく、「人生100年」と書いてあります。

長い長い人生後半を、どう生きるか、ということは、日本人の大課題なのです



-|2014年07月 |2014年08月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。