So-net無料ブログ作成
検索選択
シニアの現実 ブログトップ

シニアの気持ち [シニアの現実]

東京の愛宕神社にお参りに行きました。

出世の石段を途中一度も休まないで一気に登ろうと思いました。

連れの者が、何かあると大変だから、ゆっくり登るように気遣ってくれましたが、なんだか無性に一気登りがしたくて、頑張りました。

結果は、一気登り成功でしたが、少し胸の辺が苦しい感じもしました。

だけど、頑張ったよな、って自分で自分に言いながら一人笑いをしました。

本殿にお参りしてから池の近くに行くと、結構な数の鯉が、足元に向かって集まって来ました。

どの鯉も私の餌をめがけて口をパクパクあけて必死でした。

しかし、私が餌を持っているはずがありません。

ですが、なんだか、この鯉たちに申し訳なく感じて、100円の餌を買い求めて鯉たちに振る舞いました。

彼らは、餌をめがけてもの凄い勢いで突進してきました。

弱肉強食、生き馬の目を抜くような光景でした。

そうこうしているうちに、どうしても餌にありつけない鯉が一匹いることに気づきました。

餌に食いつこうとすると、横から斜めからすばやい鯉が出てきてさらっていくのです。

その弱い鯉を発見してからは、どうしても食べさせたくて、もう一袋餌を買ってきて、その鯉をめがけて餌を投げ入れ続けました。

やっと、彼の口の中に餌が入ったので安堵して次のお参り処に向かいました。

出世の石段を一気登りできたことと、弱い鯉の口にも餌を与えることができたことで、ようやく笑い顔を復活させることができました。

帰り途、この二つのことを思い出しながら、複雑な気持ちになりました。 

一気登りをしようとしたのは、確かに私だけれど、「これは明らかにシニアの気持ちとパラレルになっている」のです。

まだ、大丈夫。

まだ、やれる。

若くないけど、年寄りではない。

自分は、歳の割にはしっかりしている。

一気登りということは、実は、そういうシニアの気持ちがしでかした行動なのです。

この日、このとき、私は、シニアの気持ちを象徴していたのだと言っても良いでしょう。

弱い鯉の口にも餌を与えることができたという安堵感は、前回のブログで書いたこと→

シニア世代の両端には、

【「健康・自立」のいきいきシニアと「介護・依存」の辛いシニアとがシビアに存在しています。】

と言った時の、「介護・依存」の辛いシニアに『心の声かけ』をしていたんだと思います。


現実をしっかり見据えて活動に専念します。


高齢者の居場所 [シニアの現実]

シニアのことを書きたいと思って書き始めましたが、このブログは、どんなブログテーマに入るのか悩みます。

中身の多くは、シニアの学びを中心にした活動の紹介になると思うのですが、生涯学習というブログテーマがありません。

なので、最初は、健康ブログに入りましたが、どうもそぐわない感じがして、教育のテーマに移りました。

生涯学習も教育の仲間だからいいだろうぐらいに思って移りました。

しかし、そこも居づらくて、今日、資格・学びに引っ越しました。

私のブログは、あまり世間には受け入れられないのかなあ、なんて考えてしまいました。

しかし、私には、他に書けることがないので、このまま書き続けようと思います。よろしくお願いします。



先日、久しぶりに都会に行って来ました。

都会は、実に自由で活気があって、ニコニコしながら歩いていきました。
 
少し時間があったので、近くのデパートに入りました。

スッと涼しくて、私から見れば上品で「都会だなあ」と思いました。

しかし、そこで不思議な光景に出会いました。

最近は、どこのデパートにもあまり椅子が置いてないのですが、そのデパートには、数は多くありませんが、置いてありました。

なんと、その椅子がお年寄りで満席だったのです。

別に何があるわけではありませんが、しばらくぶりに都会に来た私は一瞬立ち止まってしまいました。

「なんで?」と思ってしまったのです。

用事を済ませてまた椅子の所に戻ってみると、先ほどの人たちが、まだ座っていました。

話をしている様子もないし、知り合い同士のようでもないし、好きなように時間を過ごしていました。

人は基本的に自由でよいのですが、「この人たちは、昨日もここに居たのだろうか?」と思ってしまいました。

でも、本当のところを訊くわけにもいかないので、そのまま次の用事に向かいました。

疑問です、質問です。

「彼らは、昨日もここに居たのでしょうか?」

こういうデパートの中も、都会では【高齢者の居場所】になっているのでしょうか?

シニアのイメージ 老人のイメージ [シニアの現実]

小学生にお年寄りの絵を描かせるととも、上手い下手は別として、ほとんどの子どもが、似たり寄ったりの絵を描きます。

ヤフーで「高齢者 イラスト」「お年寄り イラスト」と入れて検索すると、出来不出来は別として、子どもたちがイメージした絵と同じイラストが出てきます。

老人、お年寄り、シニア、高齢者は、日本では同じイメージとして画一化され、そのイメージに沿った似たり寄ったりの絵やイラストばかりになっているのです。

これは、単に絵やイラストの世界ばかりではなく、国や地域における現実の高齢者対策にも大きな影響を及ぼしているのではないか、と不安になってきます。

何でこんなに想像力の乏しいイメージの中で高齢者に接する要領が出来上がってきているのでしょうか。

ある事象、ある集団、ある事件に対する固定的なイメージは、その国の思考や行動の水準を表しているように思えてきます。

固定した画一的イメージは、対象を生きて動いているもの(こと)として見ていないことから生まれてくるイメージなのです。

だから、老人は動きが鈍くて困るとか、老人のくせに偉そうにしているとか、ヒドイ場合には、「うざい」などと言われて邪魔者にされていくのです。

共存の思想や人間社会の循環の事実が、その場その場で適当に扱われてきて、老人は、蚊帳の外の存在にすらなっているような気がします。

現実のこの世の中には、優秀な老人や高度な技術を持っている老人や気高い人生を送っている老人が数多くいます。

でも、この方達もその場その場の方便で、スゴイとか立派とか言われていますが、だからと言って、彼らが豊かなイメージで社会に位置付けられているわけではないのです。

大人の中には、老人は含まれていないのではないかとさえ思う時もあります。

子どもと成人が一つのグループ。

老人、高齢者、お年寄り、シニアがもう一つのグループなのです。

ですから、いくら平均寿命が延びて世界一になっても、社会の質自体が世界一になろうとしない限り、若者と比べて老人は、不幸せな扱いを受ける率が大幅に高いのです。

現在の日本は、高齢化の真のピークに入ろうとしています。

今こそ、老人に対するイメージの変更と活動の場の確立を始めない限り、この国の未来は、夕方のすさびた場末のような国になってしまうだろうと思えて仕方ありません。

あなたは、このまま死んでいくのですか。 [シニアの現実]

「あなたは、このまま死んでいくのですか?」と言われたらどうします?

実は、この言葉、私が私に言っているのです。

がんばって生きているんだけど、「このままでいいのかなあ」なんて、ふと考えたりするんです。

日頃、いろんなシニアと話をします。

若々しい話をすることもあれば、普通の世間話をすることもあります。

そんな中で、たまにシニア本人の悩み相談めいたこともあります。

中身はやっぱり、「このままでいいのかなあ?」という類が多いです。

遠くへ嫁いで行った娘のことや、腰痛や肩こりのことや、一人住まいのさみしさなど。

まあいろいろです。

相談というのは、相談する側と相談される側がいます。

当たり前のことですが、シニア級の相談になると、話をしているうちに、相談する側と相談される側が入れ替わってしまうことがあります。

相談を受けているうちに、自分の今やこれからを考えてしまい、相談が逆転してしまうのです。

最後は、手を取り合って、お互いがんばりましょうということで終わりになります。

それ以上、突っ込んでいけないからです。

たくさんのシニアが苦しみの中で生きています。

集団でいれば紛れ込んで分からないことでも、個人が胸襟を開いて話をすると、その苦しみの様々が心の中に飛び込んできます。

健康不安だったり、経済不安だったり、数年後の生活不安だったり、個々人によっていろいろですが、話を突き詰めていくと、複合不安もたくさんあります。

複合不安というのは、お金がないから、せめて健康だけは保持しなければと考えているが、最近は、めまいがしたり、急に涙が出てきたりして耐えられなくなってしまうというように、いくつもの不安が波状的に襲ってくるのです。

冒頭の「あなたは、このまま死んでいくのですか?」という問いかけは、実は、「私は、こんな悩みの中で人生が終わりになるのかなあ」という不安の表出なのです。

人生の晩年をこのままで終わらせたくない、という意欲的な場合も、「あなたは、このまま死んでいくのですか?」という問いかけになりますが、今日のブログは、そちらではありません。

暗い方に向かっている話です。

生きているからには、生きている使命がありますが、笑いながら、生き甲斐をもちながら、残りの人生を生き切るということは、とても難しいことです。


シニアの現実 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。